アポロビル~スパディオへ 宿泊

   

アポロビルで遊び終えてスパディオへと向かいます。
supa
フロントで預けていたロッカーキーを受け取り4Fロッカーで着替え5Fの浴室へ続く階段を上ります。

浴室はうたせ湯・ジャグジー・岩風呂・水風呂・ラドン湯・サウナなど
思っていたよりも広くゆっくりとくつろげそうです。

頭と身体を洗い少し湯船に浸かってから9Fのカプセルルームへエレベーターで移動し就寝します。深夜ですので早めの就寝。



翌朝7時に起床し浴室へ向かい、しっかりと頭と身体を洗いジャグジーに浸かります。
浸かると言うよりも横たわると言った方が正しいかも。
全身脱力でリラックスします。思ってた以上にゆったりまったりとくつろげます。

しばらくジャグジーでリラックスしてから脱衣所へ向かい身体を拭いていると1人の白人男性(50才代~60才代ぐらい)に話しかけられます。
何を言っているのか?
早口なのでわかりません。

かろうじて聴き取れた『share』に反応して
「イエス、シェア  タオル」
と答えます。
また何か話しかけられますが・・・何?
『shower』って言ったみたいな?
「イエス、シャワー』
と浴室に指を差しながら答えます。

タオルを手に取り着衣のまま浴室へ突入しようとするオッチャン。
即座に反応してオッチャンを制止します。
「ミスター、ン~~ウェア  アウト」
「Oh! Take off」
咄嗟に『Take off clothes』(服を脱いで)
が出てこない中学生以下の英語力の私。
おそらく昨晩はアポロビルへ外出をしていないであろうオッチャンは
(んっ?何が言いたいの?)
と一瞬考えた事でしょう。

最近、特に外国人観光客から話しかけられる事が多くなったので本格的に英語を勉強するべきなのか?
スピードラーニングでも使ってみようかな?

果たしてこの後、オッチャンはちゃんと日本式の風呂を正しく体験できたのでしょうか?
かけ湯とか日本独自のマナーはどうだったのか?
少し気になります。
「こんなの見たことねーよ」
ってなってそう・・・。



NTTLSが提供する高品質授業。ネイティブ講師の授業を予約不要で。

 - 桜川アポロビル